歯は喰いしばらないで

一日の内に、食べ物を噛んだり、飲み込んだり、しゃべったりするために、上下の歯が接触する時間が、どのくらいあるか、気に掛けてみたことがありますか?
先日の顎関節についての勉強会で紹介された研究によると、たった17分半ほどなのだそうです。

何でもないときに上下の歯が接して、咬筋が無駄に緊張していると、肩や首などの筋肉も緊張しやすくなります。

だから、楽に動ける身体の状態を作るためにも、顎の力を抜いて上下の歯がくっつかないようにしておくのがよいようです。

舌全体を上顎にぴったりとつけて、軽く唇を閉じて、鼻呼吸をすることも忘れずに。

(ちなみに、イラストでは、舌が上顎についていません…😓)